住宅ローン借換はどのようなときに可能なの?

住宅ローン借換を行うにはある一定の条件があります。
住宅ローンの借換を行うには、必ず、今ローンを借り入れている金融機関とは違う金融機関で行う必要があります。
ローンの借換をしようと思ったら、別の金融機関で金利が今のローンより安くなりそうなものを探し、手続きをすることになります。
借換をする手続きも、普通の住宅ローンを組むときの手続きとほぼ同じで、審査があります。
審査では申し込む人の年収や健康の状態、住宅の担保としての価値などで返済能力が判断されることになります。
ローンを申し込むときの必要書類も、年収を証明するものと住宅の謄本などが必要です。
複数の違う住宅ローンを借り入れている場合、借換をするには両方のローンの借換を行わなければなりません。
どちらか1つだけの借換はできませんので注意しましょう。
また、住宅ローンを借換するときには保証料、事務手数料の費用がかかったり、抵当権の付け替えにともなう陶器費用が必要になります。