フラット35S金利Aプランの技術基準とは?

フラット35Sを利用するためには、技術基準を満たしている必要があります。
金利Aプランで設けられている新築住宅・中古住宅共通の技術基準というのは、省エネルギー性(「エネルギーの使用の合理化に関する法律」に基づく「住宅事業主の判断の基準に適合していること)、耐久性・可変性(「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づき「長期優良住宅」の認定を受けていること)、耐震性(耐震等級3の住宅であること)、バリアフリー性(高齢者等配慮対策等級4以上の住宅であること)のいずれかを1つ以上満たしていることが条件となります。
バリアフリー性に関しましては、共同住宅の場合には専用部分が等級3でも条件クリアとなります。